旬の野菜

2020.09.24
今が旬!の野菜は広島県北部 白ねぎです。

主な産地 広島県安芸高田市・東広島市
出回り時期 9月上旬~翌年3月末頃

今回は

地元広島県安芸高田市・東広島市 白ねぎのご紹介です。

 

夏から秋にかけては芸高田

冬から春先にかけては東広島市

と産地リレーしながらは出回りますenlightened

 

白ねぎは、県の推進野菜の一つとして生産を拡大しており

全農を中心に、土壌診断や栽培技術指導を行い

品質・栽培の向上に努められていますwink

 

産地では、2L、Lサイズの太物率を高めて

苗箱1枚あたりの収量40㎏以上にすることを目標にして

栽培に取り組まれているのだとか。

 

軟白がしっかりあり、秋から冬にかけては

寒さにあたることで甘みが増す

地元、広島県産の白ねぎをお召し上がりくださいwink

 

広印より。ちょっとひとこと。

ねぎの種類

「ねぎ」は大きく分けて、

白ねぎ(根深ねぎ・長ねぎ)」と「青ねぎ(葉ねぎ)」の

2種類があり、

東日本では白い部分を食べる白ねぎが好まれていて、

西日本は根元まで青い「青ねぎ」が好まれる傾向があります。

 

白ねぎは、

主に白い部分を食べる根深ねぎのことで、

長ネギなどとも呼ばれ

根元に土寄せして白い部分(軟白)が長くなるように

育てられます。

 

基本作型は、春に種をまいて、夏に苗を植えつけ、冬に収穫。

白ねぎは青ネギにに比べ、

とても長い期間をかけて生育していきますenlightened

安芸高田市・東広島で栽培


ひとことの画像

担当者 岩森
写真撮影